Entries

ワンデーパスde熊本観光

★担当:サンシャイン86号

 無事に?ゴール受付をし、昼食タイム。

 せっかくだから熊本らしいものを食べようと探していたら、

馬刺カレー

なる文字がw熊本といったら馬刺。カレーといえば豚肉や牛肉ですが、馬肉を使ったカレーなんだと。福岡に帰ったらこんなの食べられませんからね~。さっそく注文。

馬刺カレー

 ライスこんだけ!?

 これじゃあ腹の足しにならないよ…orz

 馬肉もカレーに入れてしまえばなんの肉やら…。でも馬肉は刺身でしか食べたことなく、火を通した馬肉は初めて食べましたが、なんら違和感なくおいしくいただけました。


市電(熊本駅前~熊本城前)

 熊本といえば市電でしょう。熊本観光といえば熊本城でしょう。

 そんなわけで市電で熊本城を目指します。市電は2年半前に広島で乗ったっきり。熊本の市電に乗ったのは約4年ぶり。大都会の真ん中を悠然と走る市電はいつ乗ってもいいですよね~。

 熊本観光は昨年の11月。リバイバルえびのを見に行ったついでに行く予定でしたが、突然の公休変更でおじゃん。半年という時を超え、ようやく実現しました。

熊本城

 4年ぶりに熊本城にやってきました。4年前は工事中だったところも完成していて、ようやくできあがった姿を観ることができました。

 本丸御殿

 熊本城に来るのは3回目なので、城は軽くスルー。今回の目的は前回来た時はまだなかった本丸御殿です。なかでも印象深かったのはPCが備え付けられていてクイズに挑戦したり、PCで資料を見たりできたことです。お城の中にハイテク機器。最近の観光地はここまで進化したか…。

しろめぐりん

 熊本城からは周遊バス「しろめぐりん」を利用して熊本城周辺の史跡を散策します。

 ルートは

 熊本城~(バス)~博物館・旧細川刑部邸前(旧細川刑部邸見学)~(バス)~壷井橋(夏目漱石内坪井旧居見学)

です。

旧細川刑部邸

 上級武家屋敷としての格式を持つ建物です。まさに伝統的な日本の家屋って感じですね。ただ、高さが低くて私の身長ギリギリのところもあり、180cm代の方だったら頭打ちそうなところも…。いかに昔の日本人が小柄だったかということですね。

夏目漱石

 こちらは夏目漱石の旧居内の書斎です。ここで後世に残る名作が生み出されていったんですね…。ちなみにこの人形はからくりがついていて、紐を引っ張ると猫が飛び上がり、漱石がそれを抑えようとするんですよ。

市営バス(壷井橋~市役所前)

 ここからは市営バスで移動です。このワンデーパスは熊本都市圏に乗り入れている事業者のバス、電車はほとんど乗れるという優れものです。この時点で市電、産交(しろめぐりん)、市バスですからね~。福岡市内は西鉄バスが独占していて、昭和バス、JRバスが肩身の狭い思いをして郊外路線を走っているてな感じですが、熊本市内は複数の事業社がしのぎを削っていて…。だからこそ初乗り130円という格安になっているんでしょうね。市電は150円ですが…。

市電(市役所前~熊本駅前)

 市役所前からは市電で熊本駅に戻ります。

 ちなみにワンデーバスは500円で乗り放題券なんですが、さて、元は取れたのでしょうか?

・熊本駅前~熊本城前…市電(150円)
・熊本城~旧細川刑部邸…産交バス(130円)
・旧細川刑部邸~壺井橋…産交バス(130円)
・壷井橋~市役所前…市営バス(130円)
・市役所前~熊本駅前…市電(150円)

計690円

 しかも市内観光で入った有料施設はすべて入場料が2割引だったので、十分元は取れました。

 さて、こうやって熊本駅に帰ってきたわけですが、あのライスがケチクサイカレー一杯しか食べていないのでさすがにお腹がすき、もう一品食べることに。

 熊本といえばやはり熊本ラーメンでしょう。

 博多より濃厚な黒とんこつスープが自慢の熊本ラーメン。熊本ラーメンはキャナルのラーメンスタジアムで食べたことはありますが、せっかくですから本場で食べないとですね。

熊本ラーメン

 濃厚と言ってもギトギト感はなく結構食べやすかったです。そして替え玉は50円。もちろん頼みました。替え玉は博多だけかと思ったら熊本もあったんですね。

 いよいよ熊本に別れを告げるときがやってきました。

 時刻表を見ると

普通            16:01 箱崎
特急有明24号      16:10 小倉
特急リレーつばめ52号 16:28 博多

 箱崎行き普通→415系ロングシート車…1日中歩いて観光して最後のとどめがロングシート車…勘弁してくださいorz
 特急有明…二日市に停車する特急。ただし車内販売がないため、朝もらったコーヒー券を消化できない。
 特急リレーつばめ…車内販売があるため、コーヒー券を消化できるが二日市に停車しない。博多まで行って南福岡までバックしてこないといけない。

 有明が早く帰り着くし二日市に止まるしで便利なんですが、これに乗るとコーヒー券が…。

 コーヒー券1枚のために、早くて乗換えの便利な有明を見送って遅くて乗り換えの不便なリレーつばめをとってしまいました…orz

52M(熊本~博多)

熊本16:28発~(52M博多行き特急リレーつばめ52号)~博多17:50着

 列車のすぐ横には新幹線の高架橋が…世代交代まであとわずか…。この構図を見てふとそう思ってしまいました。

 せっかくコーヒー狙いで1電車遅らせたのに、車内販売の来ないこと来ないこと…。コーヒーにありつけたのは発車からなんと1時間後の鳥栖駅を出てから…。これで車内販売が来なかったら泣くに泣けなかったですよ。なんのために1電車遅らせたのか。なんのために二日市通過の特急に乗ったのか…ってねorz
 コーヒーにプラスしてもう1品と思ったけど、着く20分前に持ってこられてもね…。飲み食いしているうちについてしまうではあわただしくなるだけなので、結局100円コーヒーだけとなりましたw

2343M(博多~南福岡)

博多17:56発~(2343M大牟田行き普通)~南福岡18:05着

 心配された天気も熊本を出るまでは持っていたのですが、特急の車内でとうとう降り始め、博多についた時はあいにくの雨模様になっていました。そんな中での旅のしめ。でも、南福岡駅に着いた時には雨はやんでいました。雨にあわなくてほんとよかったです。


 今のうちしかできないリレーつばめに乗って、熊本で過去の歴史に触れ、新幹線建設現場という未来に触れ、過去、現在、未来という大まかに分けて3つの次元を行き来する旅でした。今、熊本の交通体系は大きく変わろうとしています。そんな中でも史跡はずっと歴史を語り続ける。過去と未来の両方に触れられた意義のある旅でした。

 リレーつばめ号、有明号は来春までの運転となり残された時間は限られています。今のうちからしっかり記録に残し、なくなる前にもう一度旅に出たいと思います。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索