Entries

悪あがきと小細工のなれの果て

★担当:ハムたん

 今日、店の事務員(34歳♀)からこっぴどく怒られました…。

 店長の俺が、パートの事務員から怒られました…。

 事務員の執務室で正座でこってり絞られました…。


 事の発端は昨日の夜。書類箱を整理していたら、とある書類が7、8月分と真っ白けでさらに9月分が来ているという状態。

 これは俺と鮮魚のチーフで必要事項を埋めて本部にFAXして原紙は事務所に掲示するというものなんですが、本部からも事務所からもチーフからも催促がないのできれいさっぱり忘れていました。

 今朝、事務員に正直に話しておけば指示を仰いで書類を仕上げて終了だったのです。

 でも事務員に怒られるのが怖かったのです…。

 7・8月分は誰からも催促がないので亡きものにしようとしました。
 9月の書類だけはチーフと2人で埋めて事務員に内緒で処理完了としようとしました。そもそも事務員も気付いていないのですから、9月分だけ貼っておけば、気付かないはず…。

 チーフには「事務員には内緒で」と頼み込んで、協力してもらいました。

 チーフもこれだったら事務員にばれないと太鼓判。


 なのにバレました…。

 さらに7、8月分の白紙の書類まで見つかりました…。

 チーフは俺に唆されて小細工に加担したことをあっさり認めてしまいました。

 俺は事務員に「ここまでやっておけばばれないとチーフに言われてやった。」とつい言い訳してしまいました。

 それで事務員がキレてしまいました。

事務員:「こんな小細工であたしをごまかせるとでも思ったの?」
俺:「だってここまでやっておけばばれないってチーフが…」

 すると事務員の声が1オクターブ下がり…

事務員:「チーフを巻き込んでおきながら、いざ失敗したらチーフのせいにするんだ…(怒)」
俺:「いえ。チーフは悪くないです。すべて自分が悪いんです。だからチーフのことは怒らないでください…」

 そしたら事務員の声が荒くなり…

事務員:「あたりまえやろーが!!」


 それから正座で説教されました。

 そんなふうだからいつまでも成長しないだとか、いつまでも子どもだとか、とにかく言いたい放題…。

 外は夕立でしたが、外で正座して雨に打たれて反省して来いとまで言われました。まぁ、天が俺に味方して、その頃には雨が上がっていたので事なきを得ましたが…。

 情けなかったです。
 悔しかったです。

 でもすべては身から出たサビ。自業自得です…。

 でも済んでしまったことは仕方ないので、明日から心を入れ替えて頑張るまでですけどね…。

 ほんと、嘘と言い訳と小細工はよほどうまくやらないと簡単に崩されてしまいます。みなさんもそんなことに労力使うくらいなら素直に認めちまったほうがほんと楽だと思いますよ(何)
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索