Entries

「かんなぎ」騒動に見る「処女信仰」

★担当:ハムたん

 前回の記事で今月の視聴リストを晒しましたが、春アニメの新作は氷菓とBS-TBSのアニメのみなので、月末にならないと始まりません。

 そこで現在、「かんなぎ」を観ています。

 これは福岡に住んでいたころ、TVQで放送していたのですが、あまり興味を持てなかったのでパスしました。しかし、ナギちゃんのいわゆる「中古」疑惑騒動で大荒れ、作品自体も休載に追い込まれるなんてことがあり、その時から、そんなに話題になるのなら観ておけばよかった…と後悔したものでした。

 しかし、あの時放送を見送ったBS11でようやくアニメスタート。これを機に見てみることにしました。

 例によって例のごとく原作知識は白紙。アニメもさっき1話を観ただけ。でも1話での2人の出会いは面白かったです。だから観てみようかと。

 しかしあの「処女信仰」はすごいですね。「中古」が疑われただけであの騒ぎ。「ナギは俺の嫁。異論は認めない。」と言っていた人にとって、あの疑惑は相当ショックだったんでしょうね。

 え?俺ですか?

 二次元に関しては処女信仰もなにもあったものではないです。

 ストライクゾーンが低すぎてそれ以前の問題ですww

 福岡に住んでいたころ、天神北の同人ショップに行ってその手の同人誌を手にしたことがあります。もちろん小○生モノです。基本的にどうってことなかったのですが、

 よつばとの恵那たんのだけは見たくなかったです!

 二次元の女の子は人の手によって作り出された創造物。言ってしまえばそれまでですが、本当に好きな娘には三次元以上の思い入れがある。それはそれでいいと思いますけどね。

 憲法で保障されている「思想良心の自由」。内心にとどめ、公共の福祉を害しなければどんな思想を持とうが自由なのです。平たく言えば人に迷惑をかけなければ思うことは自由なのですから。

 2次元の処女信仰を持とうが、「○○は俺の嫁」と宣言しようがそれは自由。でも暴動に発展させてはいけませんよね。

 そんな思いを胸に、あの日あの時問題になった「かんなぎ」。今期観ていこうと思います。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索