Entries

久々の博多3

★担当:サンシャイン86号

 この日は朝の出だしが遅かったので、気付けばもう夕方。

帰りの選択肢

 発車案内でこんな選択肢が与えられていました。

 快速に乗れば鳥栖で乗換えが必要になるが、早く帰り着く。
 普通だと乗り換えなしで早岐まで行けるが、帰りは遅くなる。

 早岐まで乗り換えなしは魅力でしたが、翌日仕事ですし、普通だと415系ロングシート車なので、博多から早岐まで3時間10分ロングシートに座りっぱなしは流石に疲れそうだったので、快速を選びました。


・博多 17:23 (4257M 快速 荒尾行き) 17:52 鳥栖
博多~鳥栖(4257M)

 土曜日といえど夕方のラッシュ時は流石に混んでいました。結局鳥栖まで立ちっぱなしでした。

 17時52分。鳥栖到着。普通列車だったらこの時間はまだ竹下~笹原間を走行中とまだ福岡市内ですw

 鳥栖でちょっと時間があったので、鳥栖駅5・6番ホームでえび天うどんを食べました。鳥栖駅で時間があるときはここでうどんを食べるのが慣わしになっています。ここのうどんはいつ食べてもおいしいです。


・鳥栖 18:07 (2943M 普通 早岐行き) 19:50 早岐

鳥栖~早岐(2943M)

 長崎本線・佐世保線ワンマン化直前は813系が主流でした。でも、813系の佐世保線乗り入れは下りはこの1本のみ。上りはこの列車の折り返しの早岐発肥前山口行き(946M)1本のみです。そして、早岐~佐世保は813系の定期での乗り入れはありません。寂しくなりましたね…。

 うどんを食べている間に座席は埋まってしまいましたが、立っていたのは最初だけですぐに座れました。

 行きは肥前山口で乗り換えでしたが、帰りは鳥栖~早岐直通なので、早岐まで世話なしです。この直通はだんだん減ってきています。特急優位のJR九州ですからね。仕方ないですよ。鳥栖から早岐まで普通列車乗りとおさずに特急に乗れってことなんでしょうね。まぁ、乗りませんけどw

 佐賀・肥前山口・武雄温泉と特急停車駅の度に乗客の入れ替えはあるものの次第に減っていき、有田を出る頃にはガランガラン。こうして静かに早岐に着きました。

 ちなみに鳥栖を出た18:07は後発の普通列車はまだ大野城。快速は佐賀県に入っているのに、普通はやっと福岡市を飛び出したところです。そして、早岐に着いた19:50は久保田~牛津間。こっちは長崎県には行っているのに、向こうはまだやっと佐賀市内を出たところ。だいぶ差がついていますね。


・早岐 20:09 (3243D 快速 長崎行き) 20:25 川棚

早岐~川棚(3243D)

 朝国鉄色に乗ったのに、帰りまた国鉄色!往復国鉄色は初めてです。といっても、帰りのはもう1編成の1号機のほうなんですけどね。

 帰りつく頃、川棚駅は営業時間外で無人になっているので、乗車券は運転士に手渡しして列車を降り、旅は終わりました。

 ちなみに早岐を出た20:09は普通列車だったら肥前山口~大町とやっと佐世保線に入ったところ。川棚に着いた20:25は武雄温泉~永尾とまだ武雄市内。そして最終的に帰り着くのが21:58ですから、1時間半も遅くなります。博多では20分しか変わらなかったのに…。いかに鹿児島本線の快速が早いか。そしていかに鹿児島本線内の普通が遅いかということですよね。

 帰りの所要時間は3時間2分。なぜか肥前山口で乗換えが必要だった行きよりも時間がかかっている…。まぁ、行きのほうが乗り換えの待ち時間が短かったから仕方ないんですけどね。

 忙しい、疲れるといってなかなか福岡に行けてなかったのですが、たまには遠出するのもいいモンですね。リフレッシュできてよかったです。これであと1週間ちょい続く年末商戦も乗り切れる…かな?
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索