Entries

14ヶ月ぶりのバスハイク

★担当:サンシャイン86号

 今日は11月8日(土)に日帰りバスツアーで山口県に行った時の話をしたいと思います。

 最後に日帰りバスツアーに行ったのは、昨年の9月。関門エリアに行き、門司港レトロのトロッコ列車に乗ってきました。

 で、その2週間後に福岡に異動になり、それっきり家族とのバスハイクは途絶えていました。あの時は、まさか2週間後に「3日後に福岡に転勤」って言われるなんて夢にも思っていなかったです。一寸先は闇ですからね~。今こうやって、必死こいてネット離脱中の記事を追いかけていますが、追いつく前に再び福岡に異動になって、ネット復帰してわずかの間でまた離脱とかなきにしもあらずですからね…。


 それはさておき、ツアーに行くときは波佐見有田ICから出発するか、波佐見有田ICから連絡バスで武雄市の川登SAまで行って、そこで長崎市内からのバスと合流するかなんですが、今回は波佐見有田ICから連絡タクシーで東そのぎICまで行き、そこで長崎からのバスと合流でした。

 自宅から東そのぎICまでは車で十数分で着くのです。そこにいくのになぜ、自宅~波佐見有田IC~西九州自動車道~武雄JCT~長崎自動車道~嬉野IC~東そのぎICと1時間近くかけて移動せねばならんのかとorzで、その東そのぎICから嬉野IC~武雄JCTともと来た道をたどってようやく旅が始まるというなんという無駄な移動w


青梅島

 九州を飛び出し山口県の青梅島まで行ってきました。ここは島といっても橋がかかっているんですよ。

 青梅島の存在を知ったのは、2009年3月。寝台特急はやぶさ&富士のラストランを見に行った際に、下関に足を運びました。当初の目的は、山陰本線の川棚温泉駅を見に行くことでした。私は長崎の川棚在住ですが、福岡勤務の時に「川棚」というと、たいていの人は山口の川棚と思われるのです。で、その山口の川棚とやらを見て見たいと思い、門司から下関に渡ったのですが、山陰本線が強風で運休していました。で、急遽目的地を変更して下関の唐戸市場に行ったのですが、その時に乗ったバスが青梅島行きの準急バスだったのです。

 青梅島?桟橋まで行くのかな?それとも橋が架かっているのかな?と気になっていました。まさかその地に行けるとは…。

 ちなみに唐戸市場に言った理由は、十数年前にコナンで関門旅情編があり、そこで唐戸市場が出てきたので行ってみたいと…要するに聖地巡礼ですよ。


 話を戻しますが、晴れていれば見晴らしがよかったのでしょうが、あいにくの曇り空で…。ここは日本の渚百選に選ばれるほどの絶景ポイントらしいです。晴れてれば…。


 食事は海鮮丼だったのですが、これで私のお腹が満たされるはずもなく、さっさと食事会場を後にして、土産物屋で試食しまくってきましたww


角島大橋

 お次は角島。ここも青梅島同様、橋で陸続きになっています。このツアーは橋で陸続きになっている島にバスで乗り入れるツアーみたいですね。


角島灯台

 島には角島灯台がありました。オプションで灯台に上ってきました。


角島灯台入口

 エレベーターはないからひたすら階段で登ります。


角島灯台頂上付近

 てっぺんが近づくと垂直に近い階段が。


灯台からの眺め

 頂上からの眺めは絶景です。あいにくの小雨でしたが、晴れていたらそれはそれは美しい風景が見れたんでしょうね。

 しかし…

 足場は狭く、高所恐怖症には厳しかったです。苦手な方にはおすすめできません。


 ここまでが旅のメインなんでしょうが、私の場合はここからが本番です。

 このあとは梨園での梨狩り&梨食べ放題、下関の蒲鉾店での試食、そしてバスの中での夕食(弁当)。

 昼食が物足りない量だったのでここで食べまくりました。

 花より団子とはこのことですねw


 あ、下関に向かう途中、川棚温泉駅も見てきましたよ。今度は乗り鉄で訪れたいな~。長崎の川棚から山口の川棚まで往復で。新鳥栖から新下関まで新幹線利用ってのもいいな~。それとも全区間普通列車利用もいいか?(大村線と鹿児島本線は快速使いますけどね。)


 そんなこんなで充実した1日を過ごしてきました。

 バスハイク。また行きたいなぁ…。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索