Entries

ダイヤ改正前の見納めの旅1(行き編)

★担当:サンシャイン86号

 みなさん。いよいよ今週末はダイヤ改正です。

 この春のダイヤ改正といえばやはり北陸新幹線ですよね。

 改正当日の私は休みですが、さすがに日帰りで北陸までは行けないので、こちらは静かに見守りたいです。

 九州でもちょこちょこ変わるところはあります。

 それはとても小さな変化ですが、それが後々貴重になるのです。

 先週の土曜日(3月7日)にちょっとの変化の見納めをしに出かけてきました。


まずは行きですが、鳥栖までは1月の2度の遠征と全く同じ行程なので軽く流します。

川棚 7:30 (222D 普通 佐世保行き) 7:48 早岐

222D(川棚~早岐)2015.3.7

 キハ66・67のシーサイドライナー編成で旅のスタートです。

 前回もキハ66・67-3でしたが、今回も同じく3号機です。最近縁がありましね~。

 そうそう。以前から、長崎本線・佐世保線の817系の運賃表示器が更新されていると言っていましたが、ついに大村線のキハ66・67のも更新されましたよ。

運賃表示器のバグ

 バグっていましたがorz

 旧表示器も以前撮影してUPしていましたが、撮影しておいてよかったですよ。

 こまめな撮影。これ大事!!

 撮り〇がし。ダメ!絶対!!



早岐 7:54 (926M 普通 肥前山口行き) 8:39 肥前山口 

926M(早岐~肥前山口)2015.3.7


肥前山口 8:49 (4840M 普通 鳥栖行き) 9:35 鳥栖

4840M(肥前山口~鳥栖)2015.3.7

 ここまで前回と同じ行程でひたすら東に進みます。

 肥前山口~鳥栖の811系は前回と前々回は0番台でしたが、今回は100番台です。

 ぱっと見で一番違うのは、0番台はドア付近のシートも含め転換クロスシートになっているのに対し、100番台はドア付近のシートが固定になっています。

 0番台だったら、先頭車両の右側最前列を陣取れば全面展望が楽しめるのですが、100番台は進行方向逆向きに固定されているので、全面展望が楽しめません…。

 ここは0番台がよかった…orz


鳥栖 9:42 (3387M 快速 羽犬塚行き) 9:59 羽犬塚

3387M(鳥栖~羽犬塚)2015.3.7

 ここからはいつもと違って南下し、大牟田を目指します。この列車は平日は荒木止まりですが、休日は羽犬塚まで行きます。大牟田までは行きませんが、少しでもコマを進めるためにこの列車に乗ります。

 鳥栖以南は大学時代に宮崎との往復で利用していました。

 当時は九州新幹線がなかったので、鳥栖以南も在来線特急を利用していました。鹿児島本線鳥栖以南はかつては特急がバンバン走っていましたし、鳥栖~銀水もワンマン化されていなかったので、811系や813系の普通列車が行きかっていました。

 しかし今は一部の時間帯を除いて特急は走っていませんし、鳥栖~銀水も815系や817系のワンマン列車になってしまったので、昔を知っているものからしたらとても寂しく感じました。快速が今まで通り、811系、813系で走っていたのが唯一の救いでしょうか。

羽犬塚発準快速幕

 羽犬塚に着くと、乗ってきた列車は準快速門司港行きに幕を変えていました。

 現在、準快速は荒木発着が多いので、この「準快速区間 羽犬塚~福間」は地味に貴重だったりします。


羽犬塚 10:19 (4227M 快速 大牟田行き) 10:36 大牟田

4227M(羽犬塚~大牟田)2015.3.7

 羽犬塚からさらに南下します。乗るのは手前の813系です。ちなみにその隣にいるのが817系の荒尾行き普通ワンマン列車です。さっき乗ってきた羽犬塚止まりの快速の後に鳥栖を発車し、羽犬塚でまた快速に抜かれます。

筑後船小屋駅(2015.3.7)

 羽犬塚を出ると隣は筑後船小屋駅です。ここはもともと船小屋駅という普通列車しか止まらない小さな駅でした。その普通しか止まらない駅がなぜか新幹線停車駅になり、こんな立派な駅になりました。

 政治家の力とはおそろs(強制終了)

 なお、この筑後船小屋駅。新幹線停車駅になったのに合わせて快速も止まるようになりましたが、在来線特急の有明は止まりません。まぁ、この有明は新幹線を補完する目的で一部の時間帯に走っているんだから、もともと特急停車駅だったのに…という羽犬塚、瀬高、大牟田、荒尾、長洲に止まって、もともと特急停車駅ではなかった船小屋には止まらないのは当然といえば当然なんでしょうが。
 他の停車駅は博多、二日市、鳥栖、久留米です。九州の玄関口の博多、筑後の玄関口の久留米と、九州新幹線のおかげで特急が激減した二日市、鳥栖だから、それぞれに止まる意味のある特急だと思います。

 羽犬塚、筑後船小屋、瀬高と3駅連続で停車した後は、一気に4駅飛ばして終点の大牟田まで行きます。ちなみにこの区間、日中は1時間に快速2本、普通1本だから、この間の快速通過駅は熊本方面の普通列車の起点となっている銀水を除くと1時間に1本しか止まらないことに…。九州の大動脈の鹿児島本線の中に一部の普通列車が通過する田原坂以外にこんな駅があるとは…。

大牟田駅駅名標(2015.3.7)

 無事に大牟田に到着。3時間6分かかりました…。

 新幹線の大牟田駅はここから離れたところにあるため、ここもほぼ特急が来ない駅に…。在来線特急時代はすべてのつばめ、有明が止まる駅だったのに…。

 以上が、行き編でした。次回はこの春姿を消す「くまもとライナー」の撮り鉄と、数年内に姿を消す西鉄8000形レポートをお送りします。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索