Entries

ダイヤ改正前の見納めの旅4(帰路編)

★担当:サンシャイン86号

 まずは、さっきのハムたんのレポートの補完から。

特別快速バス(2015.3.7)

 天神から博多に移動する際に利用したバスです。ちょうど特別快速バスが来たからラッキーでした。私が信号待ちしている間に出発してしまった普通バスも途中で追い越してしまいました。よかったよかった。

 さて、帰りはいつもより1電車早くなります。だから一部車両が違ったり、いつも暗くなっているところが明るかったりしますw

 その前に1時間くらい時間があるので、ゲーマーズの下の階にある紀伊国屋で「鉄な本」を立ち読みしていました。すると、鉄道グッツのワゴンセールがあっていました。今は亡き在来線特急つばめのサボとか、今は亡き特急シーボルトの運転仕様の時刻表のレプリカとかがあったのですが…。

 出発する時あんだけあったお金がきれいさっぱりなくなっていました。そしてかわりにカバンの中には大量のアニソンCDとアニメグッツが…。どういうことかなハムたん?(怒)

 いやー。ワゴンセールやってるって知ってたらもう少し余分にお金持ってきたんですけどね…。残念。


 では博多駅に戻って帰路につきます。

 その前にここでもダイヤ改正で変わる路線図があります。

福北ゆたか線路線図(2015.3.7)

 博多近郊の快速停車駅に注目です。現在、快速は博多、吉塚に停車した後、柚須、原町は通過して次の停車駅は長者原となっていますが、週末のダイヤ改正からは柚須に快速が止まるようになります。だからこの路線図ももうすぐ架け替えられます。
 鉄道の見納め撮り納めといえば、マスコミに取り上げられるようなもの、ファンが押し掛けるようなものが取り上げられますが、実は誰にも見向かれないまま消えていく表示や種別なんかもあるのです。私はそういうところも拾ってみなさんに紹介しています。これを見て、あっ!と思って、見向いてくれる人が1人でも出てきてくれたら嬉しいです。

博多 15:03 (4129M 快速 荒木行き) 15:31 鳥栖

4129M(博多~鳥栖)2015.3.7

 いつもは811系8連でしたが、今回は813系9連です。9両編成だったので車内は比較的すいていました。今度から極力このコースで帰れるよう努力しますw


鳥栖 15:52 (2865M 普通 長崎行き) 16:39 肥前山口

2865M(鳥栖~肥前山口)2015.3.7

 鳥栖で例によってうどんを食べていると周囲がとても賑やかでした。
 というのも、当日はJリーグの開幕日。鳥栖駅隣のスタジアムでも開幕戦があっていました。駅員さんもユニフォーム姿で業務に当たられていました。まぁ、私はサッカーは興味ないのでスルーしていましたがw

 で、ここから乗った列車もやたらと乗客が多かったのですが、途中まで見て今日は負けだと思って帰ってきたサポーターたちがいたのかな?後から知った話、鳥栖は逆転勝ちだったらしく、その時間帯は負けていたころでしたからね…。


肥前山口 16:44 (939M 普通 佐世保行き) 17:33 早岐 

939M(肥前山口~早岐)2015.3.7

 いつもはこの辺で夕暮れでしたが、今日は1時間早いのでまだ余裕で明るいです。真冬だったらこの時間でも早岐に着くころは暗かったのでしょうが、この時期だから着くまで明るかったです。
 途中まで順調だったのですが、佐世保からの上りが遅れているということで、列車行き合いの時にこちらも遅れが発生。早岐に着くと、この列車を待たずに発車しているはずの佐世保行き快速列車がまだいました。大村線はダイヤが乱れているみたいです。


早岐駅旧駅舎跡地(2015.3.7)

 昨年の秋に幕を下ろした旧早岐駅駅舎跡です。見事に更地になっていました。なんか寂しいですね…。


早岐 17:39 (3239D 快速シーサイドライナー号) 17:54

3239D(早岐~川棚)2015.3.7

 肥前山口から乗ってきた列車が早岐に着いたら先に出ているはずの快速がまだいる→発車できない→快速の後にようやく発車

肥前山口から乗ってきた列車と早岐から乗る列車は大塔で行き合い→大塔に行き合い列車が来ないので発車できない

 てなわけで、ここから乗る列車も遅れてきました。遅れは5分そこらだったんですけどね。

 そうそう。朝バグっていた運賃表示器ですが…

新運賃表示器(2015.3.7)

 今度はきちんと稼動していました。よかったよかった。

 今回は一電車早かったので、明るいうちに帰ってくることができました。真冬だったらこの時間でも真っ暗だったんですけどね。そう考えるとだいぶ日が長くなってきたな…。もう春ですもんね。


 あまり注目されていないダイヤ改正での変化にスポットを当てた旅。充実した旅でした。人込みにもまれることもなかったし、マイペースで動けたのがよかったです。またこんな旅をしてみたいです。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索