Entries

ハウルの動く城を観て(ハムたんの視聴アニメ選定基準とは?)

★担当:ハムたん

 先週の金曜日に金曜ロードショーで「ハウルの動く城」が放送されました。

 すぐに観たかったのですが、番組改編期で先に観てレポートを書いてしまわないといけないアニメがたまっていたので、それを消化し、ようやく先ほど観ました。

 俺、萌えアニメのファンタジーは観ませんが、宮崎アニメのファンタジーは大好きです。

 萌えアニメの場合は、キャラに萌えることに専念したいのと、美少女には戦ってほしくないというのと、1話で萌えアニメ臭満点で誘っておいてあとでひっくり返されたり…など、いろんな理由があってファンタジーは観ません。だから夏アニメで視聴を切ったがっこうぐらしのように、萌えアニメの皮をかぶった…なんてのは俺に言わせれば邪道なわけです。過去に1話のAパートで視聴を切った「結城友奈は勇者である」とか、BSアニマックス無料放送の最中に視聴を切ったまどマギもしかりです。

 逆に潜脳調査室やモーレツ宇宙海賊のように、SFでも観るときは観ますよ。やはりそれもキャラよりも世界観に期待したからなんですよね。まぁ、潜脳調査室のみなもちゃんのパンチラや、モーレツ宇宙海賊のJK海賊への萌えを全く期待しなかったと言い切ったらウソになりますけど、それらへの期待度とSFへの期待度を秤にかけたら…って話なんですよ。

 一言でいうと、ストーリーに引き込まれれば萌えられなくてもいい。逆に萌えを使って非日常の世界に引き込もうとする「萌えアニメの皮をかぶった…」ってのはアウトです。萌えアニメは彼女らの日常の中でほのぼのとした気分で観たいです。

 俺がどの基準で視聴アニメを選ぶか、どの基準で切るかはそこにあるのです。

 でも、宮崎アニメの場合は萌えキャラでもなければ、起用する声優さんもアイドル声優ではない。そういった要素を排除した上でファンタジーアニメを楽しめる。しかも世界観も壮大で観るものを引き込んでしまう。

 ほんと宮崎アニメは素晴らしいと思います。観ていて息つく間もないんですよ。

 途中、結構謎なことがあり、最後に回収するのかと思いきやわからないまま終わったりすることもありました。でもそういう終わり方もいいんじゃないかと。個々人で想像を膨らませることができますからね。

 今週もジブリアニメですね。今度も楽しみです。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索