Entries

シスタープリンセス1クール終了

★担当:ハムたん

 ごきげんヨーソロー!ハムたんです。

 こちらは桜が満開になり、お花見もピークに差し掛かっています。

 こんな時に限ってずっと天気が悪いんですよね…。雨に濡れる桜もいいんですが、お花見は晴天の下やりたいものですよね。

 さて、昨年からキッズステーションで放送されているシスタープリンセスですが、1クール目が終了し、今週から2クール目に突入しました。

 2クール目になったら、主題歌の背景が変わったり、歌が2番になったりと更新されるんですね。

 1クールの背景も好きでしたが、2クールもいいですよね。

 さて、1クール終了したところで、中間レポをUPしたいと思います。


日:亜人ちゃんは語りたい(BS11)【土曜深夜】 セイレン(BS-TBS)【土曜深夜】
月:政宗くんのリベンジ(BSフジ)【日曜深夜】
火:ガヴリールドロップアウト(BS11)【月曜深夜】  BanG Dream!(BS11)【月曜深夜】 シスタープリンセス(キッズステーションHD)
水:
木:
金:
土:冴えない彼女の育てかた(BS11)【金曜深夜】 名探偵コナン(FBS)

…今回総括する作品  …前回総括した作品 取り消し線…今回総括しない作品


☆シスタープリンセス

中間評価:A

感想:

 アニメ版シスプリ1期の最大の特徴は、「13人の妹と共同生活」です。

 どうやってあのハーレムが形成されていったんだろう?って以前から気になっていました。

 主人公がある日突然、13人の妹のお兄ちゃんになるという中、戸惑いながらもその事実を受け入れていき、兄としての務めを果たそうとする姿、妹たちの兄への一途な思い…その積み重ねで「ウエルカムハウス」という空間ができていったんですね。

 その過程を追って、折り返し地点までたどり着いて振り返ってみると、いい意味でよくできているな~って感心しました。

 もともとの企画や、アニメ2期では共同生活ではなく、別々に暮らしているらしいのですが、そちらで慣れている、原作に忠実であるべきと考えるお兄ちゃんたちの中には、アニメ1期に対していろいろ言いたいことがあるかもしれませんが、アニメ1期から入った俺からしたら、この展開もありかなって思いました。

 全国のお兄ちゃんたちの中には、俺のレポートにもいろいろ言いたいことがあるかと思いますが、12人の妹の顔と名前と、アニメ1期しか知らない状態でしゃべっていますので、温かく見守って下されば助かります。

 そういえば、シスプリといえば12人の妹ってずっと思っていましたが、アニメ1期ではなぜか13人…。俺の中ではこの13人目の妹の存在も謎なんですが、これは最後まで観たらわかる話なんですかね?


好きなキャラランキング:

雛子ちゃん>>>>>(越えられない壁)>>>>>亞里亞ちゃん>四葉ちゃん>鈴凛ちゃん>花穂ちゃん>衛ちゃん>可憐ちゃん>白雪ちゃん>咲耶ちゃん>鞠絵ちゃん>春歌ちゃん>千影ちゃん>眞深ちゃん


 上位に年少組、下位に年長組が集まっているのは仕様です。仕様だけにしようがないのですww


 雛子ちゃんまじ天使です。見ているだけで顔がほころんでしまいます。あんなかわいい幼女に懐かれたいな…。そして中の人はどれみちゃんか…。言われてみればなんとなくそんな気が。

 亞里亞ちゃんは独特な雰囲気を醸し出していますよね。亞里亞ちゃんの周りだけ時間の流れが違うかの如く。亞里亞ちゃんとのんびりとした時間を過ごすのもありかもですね。しかも、中の人が水樹奈々さんってのがビックリ!なんかイメージがわかないな…。

 四葉ちゃんは明るくてかわいいですよね。あの探偵気取りなところが見ていて面白いです。「チェキ」されまくる兄は、傍から見ていたら面白いけど、チェキされる本人はたまらんだろうな…。えちぃものをチェキされた時には生き恥でしょうねww

 鈴凛ちゃんの次々とメカを生み出す能力には頭が下がります。俺、理系はさっぱりなので、リケジョって憧れるな…。研究資金を援助されられるのは勘弁ですがwちなみに中の人は福岡ではトップクラスの県立高校を出ているそうです。中の人もそれ相当の頭をもっていたりw

 花穂ちゃんはドジっ子だけど、お兄ちゃんへの一途な思いからチアリーディングをはじめる。健気ですね~。こっちが応援したくなりますね。アニメでは肝心なことを兄に伝え忘れたり、秘密にするべきことを口を滑らせるといったドジを働いていますが、花穂ちゃんだったら笑って許せちゃうからまた不思議ですよね。

 衛ちゃんはかわいいというよりカッコいいですよね。俺、スポーツはさっぱりなので、鈴凛ちゃんもそうですが、自分が持っていないものを持っているという点で憧れます。アニメでは泳げない兄に水泳を教えていました。俺も衛ちゃんから教えてもらったら、少しはスポーツできるようになるかな?

 可憐ちゃんはその名の通り、可憐でかわいいですよね。清純派メインヒロインそのものって感じで。しっかりしているようで甘えん坊といういろんな面を見ることができるのも魅力の一つです。中の人は、ローゼン、ネギま、ハルヒと俺が知っているアニメにも結構出ていたんですね。知らなかったな…。

 白雪ちゃんは最初は変な料理を作る娘ってイメージで、好印象ではなかったのですが、ほんとはちゃんと料理ができる娘だったんですね。初期の悪いイメージがなかったらもう少し上位に入っていたかもですね。一人称が「姫」ってのがまた独特ですね…。まぁ、多くの妹たちの兄の呼び方も独特なんですがww

 咲耶ちゃんは色気をふりまく大人っぽさを持っていますが、年少好きの俺には逆にマイナスになってしまったという…。最初は積極的過ぎて逆に苦手意識を持ってしまいましたが、見ているうちに咲耶ちゃんらしい魅力にも気づき、少しずつ印象はよくなりつつあります。中の人はほっちゃんだったんですね。だから主題歌も歌ってたのか。

 鞠絵ちゃんは病弱でおとなしくしているので、出番は少ないですが、鞠絵ちゃんメインの時は、兄と一緒に出かけていました。結局寝込んでしまったのですが。それでも兄と出かけたいという、兄を慕う気持ちが伝わってきてよかったです。中の人は俺ガイルの奉仕部の顧問役もしていたんですね。全く正反対のキャラをwそれを演じ分ける声優さんってやっぱすごいな…。

 春歌ちゃんはドイツからやってきた海外組ですが、にもかかわらず一番の大和撫子。ただ、出番が少なく目立たない分、順位が低迷しています。後半で巻き返してくれるんでしょうか?中の人はヒカ碁のあかりちゃんとか、ドラえもんの2代目しずかちゃんをやったり、若くして亡くなった川上とも子さんや、松来未祐さんのキャラを引き継いだりと、多方面で活躍されていたんですね。

 千影ちゃんは十数年前、初めてアニメージュでシスプリの存在を知った時の第一印象では堂々の1位だったはずなのに、ふたを開けてみたらメイン12人の中では見事な最下位wここまで順位が転落したキャラも初めてです。アニメでは部屋に引きこもって占いばかりしているイメージしかなかったので仕方ないか…。あと、十数年前と今ではストライクゾーンが違いますからね。

 眞深ちゃんって一体何者なんですか?一緒に島に渡って来て、最初は外で監視活動をしていたのに、いつの間にか妹に…。なんか怪しくて13人の中では最下位になっていますが、後半の展開次第で変わってくるかな?


 以上、中間レポートでした。ランキング下位陣は前半の出番が少なくてとか、前半の見どころがなくて…ってのがあるので、最終的には順位は上がってくるかもです。現に、白雪ちゃんや咲耶ちゃんは1クールの中盤からしたらだいぶ印象がよくなってきていますからね…。上位でも亞里亞ちゃんは最初は下位のほうにいました。まだまだ順位変動はあるかもです。

 それでは2クール目も楽しんで観ていきたいです。

 ちなみに十数年前の第一印象のランキングはこんな感じでした。

千影ちゃん>咲耶ちゃん>可憐ちゃん>鞠絵ちゃん>春歌ちゃん>衛ちゃん>花穂ちゃん>鈴凛ちゃん>四葉ちゃん>雛子ちゃん>白雪ちゃん>亞里亞ちゃん

 どこをどう間違えたら上位と下位が見事にひっくり返ってしまうんでしょうかねwww

 それでは2クールも…

チェキデスぅ~!!
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索