Entries

福岡近郊区間の旅0(プロローグ)

★担当:サンシャイン86号

 毎日暑いですね~。

 今日はそんな夏を快適に乗り切ってきました。

 みなさんは「大都市近郊区間」をご存知でしょうか?一部の大都市圏にある制度で、区間内は同じルートを通らない、改札を出ないことを条件として、どのルートをたどっても最短距離で運賃を計算するという制度です。

 例えば、環状線で、隣の駅まで1区間乗車しようが、逆回りして1周する手前まで遠回りして乗車しようが運賃は同じという制度です。

 この制度は福岡にもあります。

 今回は春日~南福岡で利用しました。この区間は春日→南福岡と1区間乗車しても160円。そこを今回は

春日~(鹿児島本線)~原田~(原田線)~桂川~(福北ゆたか線)~新飯塚~(後藤寺線)~田川後藤寺~(日田彦山線)~城野~(日豊本線)~西小倉~(鹿児島本線)~香椎~(香椎線)~長者原~(福北ゆたか線)~吉塚~(鹿児島本線)~南福岡

と、福岡~筑豊~北九州~福岡とぐる~り1周してきました。それでも160円です。

 しかも列車内は冷房が効いていますから快適です。約5時間半の旅となりますから、これで1日楽しめます。

 今回はそんな大都市近郊区間の旅を紹介したいと思います。


西鉄雑餉隈駅(2017.8.3)

 旅のスタートは西鉄雑餉隈駅です。

 ここから今回の旅の出発点であるJR春日駅を目指します。大都市近郊区間の旅は、同じ駅を2度通れないというルールがあるので、乗車駅と降車駅を同一にすることはできません。つまり、南福岡駅から出発して南福岡駅で旅を終えることはできないので、1駅先の春日を出発点とし、そこまでは別料金が発生します。
 南福岡を出発点にするなら、ゴールは笹原。笹原で一旦改札を出て、笹原~南福岡の乗車券を買うか、西鉄井尻駅に移動し、井尻~雑餉隈で西鉄を利用して帰ってくるかになりますね。

 ここで西鉄を利用する理由は、南福岡~春日は西鉄が並走(雑餉隈~春日原)している上、西鉄のほうが便数が多く、運賃も安いためです。安いって言っても10円しか変わらないんですが、本数が倍ですからね~。


雑餉隈 9:40 (普通 筑紫行き) 9:42 春日原

雑餉隈~春日原(2017.8.3)

 西鉄7000形でスタートです。スタートといっても、これは今回の旅のスタートに移動しているに過ぎないんですけどね。

春日原駅(2017.8.3)

 ここで改札を出て外に出ます。そして6~7分程度歩くと…。

春日駅(2017.8.3)

 JR春日駅に到着。雑餉隈~南福岡も徒歩で移動できる距離ですが、春日原~春日も結構近いです。この辺は、西鉄とJRが並走しているから便利です。

乗車券(2017.8.3)

 今回利用する乗車券です。ほんとに160円で5時間以上乗り倒せるんですよ。一定のルールを守ったうえでの話ですけどね。

 SUGOCAなどのIC乗車券でも乗れないことはないでしょうが、ここは乗車券の購入を強くお勧めします。

 理由は、長時間の大回りになると、最後出るときに自動改札が受け付けないので、出るときに大変になるのと、原田線、後藤寺線、日田彦山線のように、IC乗車券が使えないところで運休になってしまったらお手上げということがあげられます。乗車券があれば、「近郊区間の旅」であることを駅員に告げればOKですが、IC乗車券だと、あとの処理が面倒になりますからね…。

 ただ、今年の冬に「咲」の映画を観に、直方へ行った際の近郊区間の旅のように、ちょっと遠回りするくらいだったら、改札も受け付けられるので、大丈夫です。今回の旅のように、大回りして出発点の近くまで戻ってくるときは、IC乗車券よりも、普通の乗車券のほうがいいです。

 では、本編に入る前に、近郊区間のルールをおさらいしておきましょう。

・福岡近郊区間の範囲
鹿児島本線(鳥栖以北)
博多南線
香椎線
筑豊本線(若松線・福北ゆたか線・原田線すべて可)
篠栗線
後藤寺線
日田彦山線(今山以北)
日豊本線(行橋以北)

・どのルートをたどっても最短経路での運賃計算となる
・同じルートは2度通れない
・同じ駅は2度通れない(乗車駅と降車駅を同一にすることはできない)
・途中下車はできません。駅ビルでランチを…なんてことはできません。乗車前に食料の準備をお忘れなく。あと、乗り換えの駅で、改札を出ずにトイレに行ける駅があったら、トイレにいっトイレ!お手洗いを済ませておきましょう。キハ31みたいにお手洗いのない車両というのがローカル線にはあります。そして駅に降り立ったらトイレがない。ちゃんと準備しておかないと、ご飯も食べれない、トイレにも行けない、外にも出られないという悲惨な目にあうことも…。ただ、乗換駅クラスのホームには自販機はありますから、水分補給はできますけどね。

 これがルールです。間違えたら不正乗車になってしまいますから、くれぐれも間違いを犯さないよう、しっかりと計画を立ててください。

 あと、降車駅で時間オーバーで自動改札が受け付けないとか、車内改札(検札)に出くわすといった場面もあります。だいたいの駅員さんや車掌さんは「近郊区間」といえば通じますが、万が一に備えて簡単に説明できるくらいの準備はあったほうがいいかもです。

 ちなみに私は、メモ紙に簡単な行程表を書き、携行していました。これ見せたら大丈夫です。

 それではここから本編に入ります。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索