Entries

完全復旧前夜の長崎電気軌道

★担当:サンシャイン86号

 今週の前半は比較的暖かかったですが、また寒くなってきました。寒暖の差が激しいので、体調管理に気をつけたいものです。

 さて、以前、長崎市内を走っている路面電車が脱線事故を起こし、部分運休が続いていましたが、先日(11月29日)に完全復旧しました。

 実はその前夜の11月28日、たまたま別件で長崎で用があったので、そのついでに区間運転最後の姿の見納め、撮り納めをしてきました。

  当日は福岡に帰ってきたのが夜の10時過ぎで、翌日仕事だったので、UPしませんでした。そこで遠征後、最初の公休である今日のUPとなりました。


 11月27日(月)。夕方まで仕事をして、退勤後実家に直帰しました。

 そして翌28日(火)。いよいよ長崎入りします。


 出発駅で列車を待っていると…

キハ66・67HTB(2017.11.28)

 キハ66・67-12(ハウステンボスライナー)のお出ましです。
 ハウステンボスライナーはキハ66・67が1編成、キハ200が1編成の計2編成あります。

 残念ながら、この列車は逆方向なので今回は乗ることができませんでした。


川棚 14:56 (3233D 快速シーサイドライナー号 長崎行き) 16:05 長崎


3233D(川棚~長崎)2017.11.28

 キハ66・67シーサイドライナーと、このエリアではオーソドックスな編成です。キハ66・67は15編成ありましたが、老朽化で1編成が廃車されているため、現存する車両は14編成。そのうち、2編成が国鉄色に復元され、1編成が先ほど紹介したハウステンボスライナーになっているので、この編成は11編成あります。

 ちなみにキハ66・67は世界中でここにしかないので、世界で11編成しかないうちの1つとなります。この希少種が普通に走っているこのエリアは地味にすごいんですよ。

 さてこの3233Dは川棚を出発すると現川を通過するまで、諫早で3分停車するほかは、列車行き合いの運転停車もなく快適に走っていきました。これは最速達列車かな?と思いきや、最後の最後の行き合いポイントの現川~浦上のトンネル内の信号所で運転停車という…。

 長崎本線は鳥栖~肥前山口と諫早~喜々津、浦上~長崎と部分的にしか複線化されていないから列車行き合いはつきものですもんね。

 こうして長崎駅に到着。今日は用事を済ませたらすぐさま福岡まで帰らないといけないので、早めに夕食を済ませます。


長崎ちゃんぽん(2017.11.28)

 駅ビルの食堂街にあるちゃんぽん屋で、長崎ちゃんぽんをいただきました。やはり長崎といえばちゃんぽんですよね。ちゃんぽんは野菜が入っているので、ラーメン、うどん、そばといった、他の麺類と比べたら栄養価は高い食べ物だと思います。


長崎駅前 (1系統 正覚寺下行き) 大波止

長崎駅前~大波止(2017.11.28)

 長崎駅から目的地の大波止までは路面電車で2区間で、歩いて行ける距離なんですが、それでも乗っちゃうから不思議。だって福岡に住んでいると、長崎や熊本まで来ないと路面電車に乗れないからですね~。福岡も私が生まれる前は走っていたらしいんですけどね。

 しかも長崎の路面電車はどこまで乗っても120円。これだったら手軽に乗れますよね。

 さらに、現在は長崎スマートカードでも乗車できるようです。私は長崎スマートカードは持っていないので、現金払いなんですが、そのうち、福岡地区のスゴカ、ニモカといった、全国共通のIC乗車券との互換性を持つようになるとかならないとか…。もしニモカが使えるようになったら、もっと簡単に乗れるようになるんだけどな…。

 そしていきなり低床車にあたりました。ラッキー!!

 大波止で用事を済ませて、浜町まで行きます。ここは路面電車でも行けますが、県庁坂を越えて歩いていきます。冬場だからできること。夏は絶対歩きたくないですねww

 浜町では、以前からハムたんが探しているCDを求めて、アニメイト長崎に行きましたが、ここにもありませんでした。
 まぁ、このアニメは長崎ではCATVの区域外再送信でTVQを受信しないと視聴できないエリアだから、取り扱ってすらいないのかもですね。
 ちなみに、このブログを書いている今日(12月2日)も、天神のアニメイトに行ってきましたが、依然として品切れ状態でした。恐るべししょこたん…。

 では長崎駅に戻ります。


観光通り (1系統 赤迫行き) 長崎駅前


観光通り~長崎駅前(2017.11.28)

 時刻は18時前。夏場だったらまだ明るい時間ですが、いくら日没が遅い九州でもさすがにこの時間は真っ暗です。

 ラッシュ時に入ってきたので、混雑が激しくなってきました。

 長崎駅に到着。

 長崎電気軌道は脱線事故の影響で、3号系統が運休、普段は走っていない2号系統で迂回運行していましたが、最近、長崎駅前~公会堂前が部分復旧したため、普段はなかなかお目にかかれない公会堂前行きの方向幕が拝めるのです。それを歩道橋の上で待ち構えます。

3号系統公会堂前(2017.11.28)

 ついに見ることができました。

 ちなみに現在は完全復旧して、3号系統は赤迫~蛍茶屋の運行になっているので、定期でこの幕を見ることはできません。

 いや、事故代替輸送で定期化されていたから、この幕が再び定期運用にならないことを祈らないとですね。

 これでようやく元通りですね。これからも安全運転で頑張ってくださいね。


長崎 18:23 (3244D 快速シーサイドライナー号 佐世保行き) 19:37 川棚

3244D(長崎~川棚)2017.11.28

 帰りもキハ66・67シーサイドライナーです。この列車はラッシュ対応で4両編成になっていますが、すべてシーサイドライナーでした。国鉄色やハウステンボスライナーが混ざらないかな…って期待していましたが残念でした。

 行きは1時間9分に対し、帰りは1時間14分と、5分余分にかかります。これは、現川と西諌早に停車するうえ、市布と彼杵で列車行き合いの運転停車があるためです。しかも市布は通過駅なのに運転停車となります。その代わり諫早ではすぐに発車するんですけどね。

 しかもこの日は福岡で朝から人身事故があったため、福岡から来る特急の遅れが終日続いていて、その遅れが長崎地区でも影響していました。行きは遅れている列車との行き合いがなかったので、スムーズに行ったのですが、帰りはもろに影響が出ました。

 駅に着いたら車で実家に向かい、荷物を取ってあわただしく福岡へと帰っていきました。

 帰りは強行日程になりましたが、無事に長崎電気軌道の完全復旧前夜の姿を見ることができ、そして路面電車も無事に復活できたからよかったです。

 今度はもっとゆっくり鉄旅したいなぁ…。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索