Entries

君の名は。

★担当:ハムたん

 おはヨーソロー!ハムたんです。

 皆さんは社会現象になった大ヒットアニメ「君の名は。」を覚えているでしょうか?

 これが公開されたころの俺は、仕事が夜間から昼間に異動になり、身体がついていかず、休日はいつも死んでいたころで、とても出かける余裕がありませんでした。
 公開から1ヶ月後。福岡に異動し、引っ越しが落ち着いた頃、きんいろモザイクや艦これの映画を観に行ったころに、「あ。まだ公開されている。」とか「えらい話題になっているな…」ってそこで初めて存在を知ったくらいでしたw
 あと公開が数ヶ月遅かったら、公開されて速攻で、大野城のイオンシネマに観に行っていたんだろうな…。

 結局、出遅れた感。そして話題になればなるほど行きたくなくなるというあまのじゃく感があり、とうとういかずじまいになっていました。

 ところが、今年の正月についに地上波で放送。録画していたのですが、あとであとでと先延ばしになり、今朝ついに観ました。

 今頃かよ!って言われそうですが、ええ、今頃ですよ。観ましたよ。

 俺は基本的に、一般人にタイトルを言ったら「え?何それ?」って言われるような、日常系萌えアニメを好んで観る人でして、大衆受けするアニメとか、ファンタジーが入っているようなアニメはあまり好まない人なのです。

 だから最初は、「大衆受けするような作品は俺には合わないんだろうな。」とか、「ほら、人の入れ替わりとかファンタジーが入ってきた。」とか言って、半分退屈しながら観ていました。

 現に俺、人が入れ替わるとかいうジャンルは苦手なほうでして、過去にも「ココロコネクト」を2話切りしたことがあるんですよ。ころころ人が変わって誰が誰だか頭がついていかず、ついに切ってしまったってことがね。

 そんな過去があったのも、「君の名は。」を敬遠していた一因だったんですけどね。

 しかし、入れ替わり騒動が終わって中盤に入った瞬間。引き込まれていきました。

 彗星の話がありましたが、ここで元科学部の血が騒ぎ、飛騨まで電車でという乗り鉄シーンに鉄道ファンの血が騒ぎ、そして2人は会えるのか?彗星の災害の行方は…。もう食い入るように見ていました。

 そして最後に出会えたところでフィニッシュ。アフターストーリーを期待したくなるような終わり方。

 本当にはまりました。

 こういうジャンルもありなんだなと。世界が広がったような気がしました。

 新海監督の作品は過去に「雲の向こう、約束の場所」を観たことがあり、新海監督の作品の面白さを知っていたので、期待はしていたんですけどね。やはり面白かったです。

 組紐が一時話題になったのはこれだったんだなと今頃知ったりww

 この作品にたどり着くまでは紆余曲折ありましたが、無事に観れて楽しめてよかったです。

 おっと。もうお昼だ。昼食がてら出かけてくるかな。

 それでは今日もがんばルビィ! 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索