Entries

ダイヤ改正後初乗り鉄(福岡編)

★担当:サンシャイン86号

 桜の季節もあっという間に終わってしまい、あとは大嫌いな夏へ一歩ずつ進んでいきます…。

 さて、先日、長崎地区でのダイヤ改正後初乗り鉄をしましたが、今回はその続編である福岡編です。

 福岡でも長崎地区同様、区間快速が導入されました。

 福岡の区間快速と長崎の区間快速の最大の違いは、快速区間の設定です。

 長崎では竹松~長崎で固定されていますが、福岡は多彩な快速区間の設定があります。他にも長崎地区とは区間快速の運用の違いもあります。その辺を踏まえてレポートしていきたいと思います。


南福岡発車案内1(2018.4.12)

 前回の大村線同様、区間快速表示のオンパレードですねw

 ただ、先ほども書きましたが、同じ区間快速でも快速区間の設定が多彩なので…

南福岡発車案内2(2018.4.12)

 快速区間の案内が出てきます。

 同じ区間快速でも、先発は博多まで快速で、博多からは普通。逆に次発は博多まで普通で、博多から快速になります。

 だから先発は、南福岡を出ると、博多・吉塚・箱崎・千早…と行くのに対し、次発は、南福岡を出ると、笹原・竹下・博多・吉塚・千早…と行き、前者は笹原、竹下には止まらない、後者は箱崎には止まらないと、停車駅が複雑になります。だから、快速区間や停車駅を確認して乗らないと大変なことになってしまうのです。

 ちなみにデータイムは、1時間当たり快速1本区間快速博多まで快速2本区間快速(博多から快速)2本、普通1本なので、6本中4本は区間快速。避けて通れませんねww

 今までは時刻表を見ずに行き当たりばったりで乗っていたけど、今度からはそうはいかなくなるな…。

 さて、早速乗るわけですが、前回の長崎編で紹介した、お約束の確認をしたいと思います。

区間快速快速区間のみ乗車する場合は、快速と同様、で書きます。

例1) 大村 ○○:○○ (○○○○D 区間快速シーサイドライナー号 長崎行き) ○○:○○ 長崎
例2) 南福岡 ○○:○○ (○○○○M 区間快速(二日市~博多) 小倉行き) ○○:○○ 博多

区間快速快速区間と普通区間をまたがって乗車する場合はで書きます。

例3) 川棚 ○○:○○ (○○○○D 区間快速シーサイドライナー号 長崎行き) ○○:○○ 長崎
例4) 南福岡 ○○:○○ (○○○○M 区間快速(二日市~博多) 小倉行き) ○○:○○ 箱崎

区間快速に普通区間のみ乗車する場合は、普通列車と同様、色は変えません。

例5) 川棚 ○○:○○ (○○○○D 区間快速シーサイドライナー号 佐世保行き) ○○:○○ 佐世保
例6) 南福岡 ○○:○○ (○○○○M 区間快速(博多~福間) 小倉行き) ○○:○○ 博多

 あと、大村線の区間快速快速区間は竹松~長崎と決まっているので、快速区間は書きませんが、鹿児島本線の区間快速快速区間の設定が複雑なので、快速区間も併記していきたいと思います。


 それでは乗り鉄編です。

南福岡 11:02 (1220M 区間快速(二日市~博多) 福間行き) 11:07 博多

 この列車は鳥栖発福間行きで、鳥栖~二日市は普通、二日市~博多は快速、博多~福間は普通と、途中2度の種別切り替えがあるのです。複雑ですね~。

1220M(南福岡~博多)2018.4.12

 813系1100番台での運転でした。この車種は前面の行先表示で種別表示もしていましたが、改正後は他の813系や811系同様、行先のみの表示となり、種別表示は消えました。この広い空間に「福間」の2文字のみ…。もったいないですねww

1220M区間快速表示(2018.4.12)

 813系LED車の区間快速表示はこんな感じです。

 ちなみに、長崎地区の区間快速は、快速区間も普通区間も1つの表示で通していましたが、福岡の場合、普通区間に入ると…

1220M普通区間表示(2018.4.12)

 区間快速の表示は消え、普通になります。

 ちなみに博多駅の発車案内も…

博多駅発車案内(2018.4.12)

 普通列車として案内されます。

 あと、南福岡駅の発車案内の画像に、

普通 11:22 鳥栖


 という表示がりましたが、実はあれも区間快速です。あの列車は、3223M小倉発鳥栖行き区間快速列車で、小倉~福間は普通、福間~博多は快速、博多~鳥栖は普通として運転します。

 福岡地区の区間快速は、快速区間が終わったら、普通列車として案内するのです。これが、長崎地区の区間快速との違いの2つめになります。

 博多で下車後、一気に箱崎までワープします。この間の出来事については、あとでハムたんから報告がありますので、そちらを参照してください。


 帰りは、箱崎から南福岡まで、快速区間と普通区間にまたがる区間快速乗り鉄をしました。

箱崎駅発車案内(2018.4.12)

 箱崎駅の発車案内は機械が小さいので、区間快速は略して区快と表示されます。


箱崎 15:56 (1231M 区間快速(博多~二日市) 荒木行き) 16:09 南福岡

 この列車は福間発荒木行きで、福間~博多は普通、博多~二日市は快速、二日市~荒木は普通と、これまた途中で2度種別が切り替わります

1231M(箱崎~南福岡)2018.4.12

 さて、方向幕車の側面の表示ですが、

1231M普通区間表示(2018.4.12)

 方向幕の場合は、区間快速はで表示されます。そしてその下に、博多から快速になる旨の案内があります。

 そして南福岡で降りる時には

1231M快速区間表示(2018.4.12)

 二日市まで快速という表示に切り替わっていました。そして二日市を出たら普通幕になるのです。

 なお、種別表示の切り替えは、走行中に行っているようです。竹下で、1230Mとすれ違ったのですが、「区間快速(博多まで快速)」→「普通」の切り替えをやっている最中でした。

 こまめな種別切り替え。忙しそうですね。でも、長崎と違ってこちらは複雑だから、仕方ないですよね。

 しかしなんといっても、箱崎から南福岡へ帰ってくるのが便利になりましたね。以前は、箱崎で普通列車に乗り、吉塚で快速に乗り換えていたのが、乗り換えなしで、博多から快速になるんですから。

 新ダイヤでは複雑になり、時刻表のチェックが欠かせなくなりましたが、乗り方次第では便利になります。

 まだほかにも、全区間快速とか、区間快速終着まで快速とか、まだ乗っていないパターンがあるので、おいおい乗って紹介していきたいと思います。

 次回はハムたんの都心レポです。乞うご期待?
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索