Entries

近郊区間の旅

★担当:サンシャイン86号

☆第4章 近郊区間の旅

 筑豊直方で筑豊電鉄を降りて、JR直方駅まで徒歩でやってきました。

 直方駅で昼食。

かしわめし

 このエリアといえば、かしわめし。ていうか、久々に駅弁とか食べるな~。やっぱ鉄道旅行といえば駅弁っしょ♪

 この時点で13時ちょい前。博多でのはやぶさ最終の見送りにはまだ時間があるので、大都市近郊区間を利用して遠回りしながら博多へ向かうことに。

4632H(直方~折尾)

 直方13時発折尾行きで折尾へ。博多とは全く逆方向へ向かいますwやってきたのは817系。この車内で駅弁に舌鼓を打ちました。

 折尾に着いたところでイベント発生!

 福工大前~古賀でビニルが架線にからむ事故が発生し、鹿児島本線のダイヤが乱れていました。所定では13時34分発門司港行き快速(4342M)に乗換えだったのですが、12時58分発門司港行き普通(2334M)がやってきました。西小倉まで快速で行くはずが、普通で行くことに…。

2334M(折尾~西小倉)

 でもここで813系が来たので、415、811、813、817の4車種すべてに乗ることができました♪

 ただ、西小倉で所定に戻り、予定通り14時17分発田川後藤寺行き957Dに乗りました。

957D(西小倉~田川後藤寺)

 車両はキハ147。この形式も久々ですね~。ただここで睡魔が…。そりゃ~。夜明け前から動いてまわっているのですから…。城野を出て日田彦山線に入ったところまでは覚えているのですが、気がついたら田川伊田でした。日田彦山線ではほとんど爆睡状態で過ごしたことに…orz

1552D(田川後藤寺~新飯塚)

 田川後藤寺で降りると、後藤寺線1552Dがすぐの連絡。15時16分発車。車両はキハ31のトップナンバーでした。キハ31は宮崎に住んでいたころ、肥薩山越えでよく乗っていました。矢岳を越えきれずにしょっちゅう立ち往生していましたね~。結局、40系列に置き換えられましたが。キハ31は3列シートで1人がけシートがあるので、1人旅にはもってこいですw

4649H(新飯塚~長者原)

 新飯塚でもすぐの連絡でした。4649H。15時38分発博多行き快速。817系4連でした。この時間だと博多について折り返すころには夕方のラッシュにかかるので、あらかじめ増結しているんでしょうね。
 本来なら、新飯塚~桂川~原田と抜け、南福岡でゴールなんですが、今日は博多で「はやぶさ」を見送らないといけないので、桂川で乗り換えず、そのまま篠栗線の長者原へ。
 この新飯塚~長者原の区間ですが、私の勤務する店に商品を持ってきてくれる配送の方が、前の職場にいた頃、福北ゆたか線の電化工事にかかわったらしく、あの区間の工事にも携わったらしいです。私の知っている人が電化工事に携わった区間ということで、既乗区間でありながら新鮮味を感じてしまいました。

 長者原で列車を降りて、香椎線へ。とまたしてもここでイベント発生!

 宇美駅で車両故障が発生し、ダイヤが乱れているとのこと。

 所定では762D(16時21分発)に乗る予定でしたが、時間前に一列車前の760Dが来ました。そうしたところがこの車両が…

760D(長者原~香椎)

 キハ47アクアライナー塗色ではないですか!?ww

 これ、前から目にしていたんですが、乗るのは初めてでした。しかし、初乗り鉄がダイヤの乱れによる乗車列車変更によるものというのが複雑な心境ですね…。たしか、813系400番台、1000番台の初乗り鉄も事故による運用変更で実現していたんですよね…。

 ちなみにアクアライナーの側面は

アクアライナー

 こんな感じで。どうせなら前面も青一色じゃなくて、ロゴか何か入れればいいのに…。

 さて、ダイヤの乱れはあったものの、香椎では所定どおり173M(香椎16時41分発鳥栖行き普通)に乗れました。ただ、乗るときに編成写真が撮れなかったので、降りてからと思ったら、降りる間際にケータイに着信が…orzさっきお話した配送の方からのヒマ電でした。私が休みの時はいっつもヒマ電かけてくるんですよ。実は彼からのヒマ電は今日で3回目でした。1回目は門司から下関に着いた時、2回目は筑豊電鉄の黒崎駅前で。あ、筑豊電鉄の編成写真が編成のアップではなく、乗り場周辺までいれたものになっているのも、乗り場の写真を納めて、いざ編成写真をって時に電話がかかってきて、撮影できなかったからです。これ、初乗り&撮りだったから、これだけは撮らせてほしかったのに…。ちなみに帰宅後もヒマ電が2回。なんで休みの日に仕事づきあいの人から5回も電話入れられなきゃならんのかと…orz

 こうして博多駅に到着。ここで「はやぶさ」ラストランのお見送り。こちらはラストランだけあって、ものすごい人でした。もう撮影どころじゃなかったです。門司まで行って撮影しておいてよかったです。

 博多の見送りはすごかった…。感極まって叫ぶ人もあり…。もう博多で「東京」行きの定期列車を見ることはないんですね…。なんだか寂しいです…。

 九州から寝台特急が全廃。今日、東京を出た便が着く明日の朝が本当の最後になるわけですが、この日こそ歴史の1ページに刻まれるべき日なんですよね。

 昔は長旅は列車で何日もかけていくものだった。それが新幹線ができ、飛行機ができ、高速道路ができ…。今まで、東京・大阪は夕方出て翌日着くところだったのが、午前中でたら午後にはつく時代に。そんな中においても、旅本来あるべき姿を楽しむという意味で残ってきた寝台特急。
 今では電車特急に抜かれ、通勤電車の邪魔にまでなるようになり…。便利な世の中になる一方で失われる「ゆとり」。
 寝台特急の廃止はやむをえなかったのでしょう。

 それでも最後のときをみんなが見送りにくる。

 みんな本当は寝台特急のことが好きだったんでしょう。なくなって寂しいのでしょう。

 寝台特急はなくなっても、みんなの心の中では永遠に走り続けることでしょう。

 さようなら寝台特急はやぶさ

 さようなら寝台特急富士
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

サンシャイン86号/ハムたん

Author:サンシャイン86号/ハムたん
小倉唯ちゃんをこよなく愛する長崎出身の鉄道&アニメファンです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索